建築士 一ノ瀬勇が日々思った事を綴ります。
by ichinose-blog
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
旅行
見学
現場
設計
デザイン
趣味
住宅
食事
人物
環境
出来事
打合せ
etc
道具
以前の記事
2016年 11月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
お気に入りブログ
case staff
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
耐震診断
以前にも書きましたが大規模施設の増築工事の基本計画をやっています
45年前のその美しい建物は、自分のような若造の設計士を
なかなか受け入れてくれんバイ。
f0035501_23234477.jpg

既存の形を残しつつ、新しい機能を追加する。
形だけではない、その建物に想いをよせる人の気持ちも
受け止めながら、設計しなければならない。
建築基準法、消防法、工法、コスト
クリアしなければいけない障害がたくさんあります。
その中でも昨年の基準法の改正が大変です。
建築物の安全性及び市街地の防災機能の確保等を図るための
建築基準法等の一部を改正する法律
要するに、以前までは既存の建物と構造上繋げなければ
既存部分までは耐震基準は適用されなかったが
今後は一定規模以上は適用されます
きちんと耐震診断基準に適合すること、
または建物全体で許容応力度等の計算することとなります。
わが国では基準法制定後も幾度の大地震を経験し
そのつど、耐震安全性が強化された法改正が行われてきました。
確かにわかる、わかります。45年前の建物と今の建物が繋がり
大地震が起きる、昨年の地震を経験してる自分としては
又、国から建築士の資格をもらっている以上
福岡県民の安全を第一に考えなければならない。
当たり前のことです。
本日、福岡構造の○永さんとキッチリ構造事前打合せをして
役所との打ち合わせ

役所担当 「んーん、この規模は自分では見きらん、本庁にイって!」
自分 「エッ・・・わかりました。」
福岡の全部の建築審査課は現在構造問題については非常にシビアです
・・・・大変な忙しい状況にあるようです。

本庁担当 「んーん、この建物は残さんといかん、絶対残しましょう!」
自分 「・・・・っで、・・・・・。」

結局、きっちりと構造設計とイチから既存部分を見直して再提出となりました。

45年前の建築家に恥ずかしくない仕事をしたいと思います。

帰りに、昨年設計したリノベのビルの打ち合わせ場所に車を止め上を見たら
この黄色い、いけてないプレート
f0035501_230155.jpg

流通センター通りはいつのまにか
「かがやきAve.」
になってました、その後からずーっと
サザンの「涙のアベニュー」がリピートしつづけてます。
よか、歌ばい。
[PR]
by ichinose-blog | 2006-02-21 23:13 | 設計
<< 打ち合わせの途中で 曇りのち快晴 >>