建築士 一ノ瀬勇が日々思った事を綴ります。
by ichinose-blog
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
旅行
見学
現場
設計
デザイン
趣味
住宅
食事
人物
環境
出来事
打合せ
etc
道具
以前の記事
2016年 11月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
お気に入りブログ
case staff
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2014年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧
サヨナラ五朗
f0035501_0581261.jpg

2014年10月19日、うちの愛犬五朗が
天国に旅立った。今年に入り2度も大きく腹を切る大手術を乗り越えた。ずっとお世話になってる獣医の先生からも覚悟をしておくようにと言われてて、かみさんとそれなりには心の準備をしてその日を迎えた。
病院の点滴から引き取り自宅で最後は介護に踏み切った、歩けなくなり、立てなくなった、たまたま、かみさんが、海外に行くことになり、10日ほど、仕事を調整してずっと付き添った。五朗が生きた13年の中でこんなに一緒にいたのは初めてだろう。男同士、いろいろ考えて、話をした。呼吸が少し困難になり、きつそうな時間が過ぎた。そんな時、五朗と約束をした。たまたま当選した福岡マラソン、ずっと膝痛に悩まされ練習なんて全くしてなくて、いろんな人に自分は膝痛で針治療中やから、参加しないかも?走っても直ぐリタイヤするから!などといやらしく、逃げをうたってた。
かっこ悪くズルい男になってた。
「逃げずに完走する事」
ずっと忙しくてかまってあげれなかった苦しんでいる五朗へのせめてもの償いとし約束した。走ったからといっても五朗が長く生きられることは無いけど自分の中のけじめ、そして目標とした。深夜に何度か大濠公園まで行き、走ろうとしたが足の痛さはどーしてもたえられんかった。
走る事は出来なかったが完走するためになりふり構わず針治療とマッサージ、マラソン当日は無理に頼みこんで、お世話になってるマッサージ師の人に早朝からテーピング、足裏、カカト、ふくらはぎ、膝にももにケツまでグルグル巻にしてもらった。仲間の人達のペースを乱したくなかったので極力人に会うのを避け一人スタートラインに立った。あいにくの雨で身体が冷えスタートしてすぐに坐骨神経痛。
少し走っては休憩の繰り返し
膝に巻きつけた五朗の首輪が自分の情けない負け心を笑ってた。
f0035501_0581328.jpg


途中からは、ほとんど自分の後ろの人達はリタイヤ組か足切りにかかる人達、恥ずかしかったが周りの人たちやタイムなど、足切り時間など、どーでも良くなり、どのくらいかかっても、何日かかろうとも、足が動かないなら、はってでも、前に行く!
ゴールにたどり着こうと走った(大半はずっと歩いたけど)本当に最初から最後までずっと、きつかった。あの店まで、あの交差点まで、あの駅まで、九大まで、海まで、サンセットまで、あと二キロ、一キロと、リタイヤしたい心折れる弱気の自分と戦った。とてつもなく長かった。昨年、足の指を骨折したまま完走したホノルルマラソンよりも100倍辛かった。
途中雨雲を見ながら、五朗と対話した。最後五キロくらいは情けないけど涙がこぼれてきて、五朗、五朗と心の中で叫びなから歩いた。
五朗との最後の別れが糸島のゴールとなった。五朗との13年間本当に楽しかった。天国に行ったけど、心の中にはいつでもそばに五朗がいる。もうこれで、次に行ける!
ありがとう、五朗、サヨナラ!サヨナラ!合掌
f0035501_0581338.jpg



もう二度とフルマラソンなどしないだろう!本当にきつかった。
ただ、今回の福岡マラソン、雨の中、運営スタッフ、ボランティアの人達、沿道の人達、子供達や老人まで、海からも、
空からも笑顔で声援してもらった。
この人達がいたからこそ、頑張れた。本当に感謝したい。ありがとうございました。素晴らしい大会でした、最高の体験でした。

[PR]
by ichinose-blog | 2014-11-12 00:51