建築士 一ノ瀬勇が日々思った事を綴ります。
by ichinose-blog
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
旅行
見学
現場
設計
デザイン
趣味
住宅
食事
人物
環境
出来事
打合せ
etc
道具
以前の記事
2016年 11月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
お気に入りブログ
case staff
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2013年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧
友の死
f0035501_13585123.jpg

大好きなサーフィン仲間が死んだ。葬儀から時間が経ってようやく冷静に現実を受け入れる事が少しできてきた。
亡くなった当日、眠れずに数ヶ月前の湘南ドライブの事を書きました。

オークリーの古いサングラス
2012年、11月2日
その日、アゲサンと朝から何度か連絡を取り 合った、東京、三鷹の駅へ、
改 札を抜け、足を止めた。
あ わてて、手帳と筆記具をポケットに入れる。
た またま、昨日までの仕事から
そ のまま服に入れたままだったと見せかけるために・・・・・。
ひょっとして今日からは、筆談になるかもと? 考えていたからだ。
迎 えに来ると約束した場所には
な かなか現れなかった。
一 昨日まで入院してた身体、遠い九州の悪友が来るから
無 理してきてるんじゃないか?途中で体調が悪化した?
深 い不安のまま、寒い三鷹駅の南口
タ リーズコーヒーの前の時間は
と てつもなく長く感じた。

一 時して現れたアゲサンさんはやはり入院あとの病弱顔、イメージはしていたが
年 老いて、又、一段と痩せてた、みてるだけで辛かった。
はっ! とわれに返り
思 いっきりの笑顔でおはようございますっ!っと言ったら、
ア ゲサンスマイルで 「いっちゃん!おはよー。」 といつもの握手
ア ゲサンと会うときはいつもの大げさな握手だ。
大 体サーファーってやつは久しぶりに会うと大げさにはハグや握手をやる
ア ゲサンもいつもおおげさ、それとなんとも言えない優しい笑顔を返してくれる。
ど んな時でもアゲサンスマイルは人を元気にしてくれる。
車 が走り出し、
「ア ゲサン元気しとったっすか?」
「元 気ッ元気ッ」っでいつもの親指を立ててくれた。
文章で書くとわかりやすいかもしれないが、はじめて会う人だったら、
聞き取れなかっただろう、

『ALS』 と言う病気は最初に大事な友人の言葉を奪い取ってしまう悲しい病気だ。

必至で自分に何か話そうとしてるアゲサン、何となくの表情と

その場の雰囲気で適当な返事をくり返す自分、

ヘンテコな会話で突然はじまったドライブのはじまりだ。

[ウイキペディアより]

筋萎縮性側索硬化症(きんいしゅくせいそくさくこうかしょう、amyotrophic lateral sclerosis、通称ALS) は、重篤な筋肉の萎縮と筋力低下をきたす神経変性疾患で、運動ニューロン 病の 一種。極めて進行が速く、半数ほどが発症後3年 から5年 で呼吸筋麻痺により死亡する(人工呼吸器の装着による延命は可能)。治癒のための有効な治療法は確立されていない。日本国内では1974年に特定疾患に認定された指定難病で ある。



東 京の友人達からの筋肉が弱ってきてて食事が出来なくなってる
最近よく転ぶと聞いてた。博多からの土産も色々と考えた、
噛 まなくてもいい何か?人気の茅の家のスープを土産にした。
土 産だけ渡して、顔だけ見れれば嬉しいと思ってはいたが・・・・
アゲサンが、突然、「いっちゃん飛行機何時?」
っ で自分が時間を適当に答えると、アゲサンは意を徹したように、アクセルを吹かした、近所のお茶するカフェにでも行くのかなぁ~と
だまーっていると高速道路の入り口だった。
「何 処行くと?」っと話すと「海っ!」っで、親指とアゲサンスマイル
九州での仕事を調整までして計画した東京の視察予定など一気にどーでも良くなった。
この一瞬、アゲサンとの一秒一秒が大事と思った。
ずーっ と一緒にいたかった。
そ れからは二人で、にやっと笑って色んな話をした、
東 京のこと、博多のこと、千葉や宮崎や毎年行ったバリの事
サーフィンのことや女性のこと、仲間たちのそして家族の話
色 んな話が楽しかった、必至で話すアゲサンの言葉はほとんどわからなくても
出 会って数年やけど楽しい思い出ばかり共有する出来事は
雰囲気と笑顔や心で理解できた。

自 分にとって初めての湘南は青空と陽射しに光る海、本当に気持ちよかった。
ア ゲサンも笑顔でずっと運転、窓を開け放って二人で風を感じながら走った。
音 楽をFM局からサザンに変えた。
葉 山から由比ガ浜、稲村ガ崎、江ノ島、色んな話をした。
ア ゲサンがいつもサーフィンするという海に着いて、サーフしてる仲間達をずっと
黙っ て二人で見ていた。
突然、アゲサンが海をバックに写真を撮ってくれという、普段はいつも謙虚なアゲサンそんなこと言わないのに・・・・・
意を徹して、それからは写真を撮りまくった。
ファイダー越しのアゲサンはいつもと違いぎこちなく固かった。
いつも自然な笑顔なのに・・・・
自分は冷静に改めてアゲサンの身体を正面から見てがくぜんとした。
あ の筋肉質だった身体はなくなっていた、ほんとに骨だけの身体になってしまった。
アゲサンは変わっってしまった自分の肉体の事をどう思っているのだろうか?
無理やり笑顔を作っているアゲサンが痛々しかった、見ていて辛かった。
海をバックにして緊張してるアゲサンを見てたらずっと我慢してた涙が流れてきた・・・
きずかれないようにふき取り魂こめて、シャターを押しまくった。

飛行機の時間が近づいてきた
あげさんは自分の食事を気にして
いっちゃん、ハンバーガー美味いよーと店を教えてくれたが・・・・・・・
腹へってないけんっと断り、時間まで、二人で海を見ていた。
帰りの車の中 で、サーフィンの話をずっとした、来年の春、暖かくなったら、
又、一緒にサーフィンしようと固く約束をかわした。
身 体に負担のかかる運転を変わってくれと頼んでも
大 丈夫、大丈夫で親指をたてるアゲサン・・・・・・・・
食 事のとれないアゲサンはポカリと見たことのない
医療用の飲み物を車のなかで飲んでいた。

突 然、いっちゃん、これあげるっと車のポケットからサングラスをとり出した
ア ゲサンが大事にしてたオークリーの古いサングラス、20数年前に
オーストラリアで買ったもの、アゲサンの宝物だ。
そんな大事なものもらえないっと言ってもアゲサンは笑顔で持って帰れという。

嬉しかった、一生の宝物にすると言ったら、又、アゲサンは親指をたて笑ってた。
アゲサンは声をだすと辛そうなんで、自分が一方的にしゃべりまくった。

話が途切れると、間が持たなくなり、悲しくなるので、必至に話をした。
最後は知ってるサザンの歌を
大声で歌った、あげさんは笑ってた。
もらったオークリーのサングラスをかけてたが、一番好きな歌
「恋はお熱く」を歌ってる途中で、アゲサンとの思い出が・・・・
いつも優しく気をつかうアゲサンが今何を考えているのか?っとか
グルグル頭の中で廻り、だめだ、だめだ、
笑わせないかん、泣いたらいかんっと頑張ったが、こらえきれなくなって、
言葉がでなくなり、涙が頬を伝い止まらなくなった。
あげさんはサングラスを外せなくなった自分を見てみぬふりをしてくれた
そして何時ものように
いっちゃんイイね~と親指を立てて、俺の背中をぽーんとたたいて笑ってた。



あ の日から4ヶ月しかたってない今日3月10日   
 揚原正美48歳永眠        
           合掌
[PR]
by ichinose-blog | 2013-03-23 12:26
日本代表選手
f0035501_19155323.jpg

久しぶりのブログです。
日頃忙しく動き回ってるけど
なんとか時間を作って波乗りに行ってます。
なかなか上手くなりませんが
最高に楽しいスポーツです。
仲良くさせてもらっている
東区三苫でRADIXというサーフショップを経営している
古賀さんがなんと今年南米エクアドルで開催される
世界選手権の日本代表に選ばれました。
福岡の小さい波から日本代表です。
すごい快挙なんです。
先週末、その古賀選手の仲間達140人が集まり
世界選手権激励会が行われました。
自分はほんの数年しか波乗りやってませんが
彼はもう30年近く、子供の頃からがんばってます。
仲間達が集まってワイワイやりました。
10代の若者から60代まで
我らの代表古賀選手を中心にサーフィン談義に盛り上がりました。
同じ福岡の海で繋がっている仲間達最高ばい!
大会は4月2週間も滞在するとの事
がんばれ、コガチン!
目一杯、応援するばい。
[PR]
by ichinose-blog | 2013-03-18 19:17 | 趣味