建築士 一ノ瀬勇が日々思った事を綴ります。
by ichinose-blog
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
全体
旅行
見学
現場
設計
デザイン
趣味
住宅
食事
人物
環境
出来事
打合せ
etc
道具
以前の記事
2016年 11月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
お気に入りブログ
case staff
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧
今週はもう12月
早いもんで、今週は12月にはいる、
早すぎる・・・
あっっちゅう間に時がすぎてゆく
おかげさまで忙しくさせてもらってる
とにかく、今、現在、これでもかっちゅうくらいに
忙しい、静岡、広島、愛媛、大阪動き回り
九州内でも各県ぐるぐる、廻りよります。
本当に嬉しい限りだ。
素晴らしい施主に恵まれている。
とにかく、改めて物件リストをみたら
進行中の工事現場や
実施設計、プレゼン真っ最中の物件があわせて
凄い数のプロジェクトが動いている
眠ってて、動き出していないプロジェクトも入れれば大変な数の物件になる。

年末に向け、現場も引渡し等大変な工程になってきた。
忘年会も始まりだした、
もちろん、福岡は波が上がっている
海にも行かないかん。。
CASEスタッフも目一杯頑張ってもらってるけど
時間が足りない。
ぶっ倒れないように気合をいれとかないかん!
健全な身体に、強い精神力は宿ると思う。
風邪やらひいとる暇はない!
てれーっとしとる暇もない!
ゆっくり寝とる暇もない!
ガンガン攻めて、ガンガン仕事する!
新しい仕事もドンドン入ってきている。
宴会も波乗りも・・・・全てに目一杯、力を注ぐ。
もちろん、絶対的なディティールのクオリティは落とさない
極めていく、妥協などない、
先日、声を張り上げて、監督に指示を出した
四国の砥部の家もすばらしくいい住宅になりそうだ。
年末の出来上がりが楽しみだ。
f0035501_1325688.jpg


そこで、お願い
CASEでは業務拡大に伴い
①CASE社員スタッフ募集
②CASEインターンシップ募集

http://www.case-style.com/bosyu.pdf

とにかく、自分と一緒に
仕事をやりたい人は
来ていただきたい。
一緒に仕事をしよう。
日々、熱く生きよう!
後悔はさせん。
ガンガン来い、男女。

[PR]
by ichinose-blog | 2011-11-28 01:50 | 出来事
約束
いよいよ、11月も中盤、年末に向けて、スケジュールも空きがなくなってきた。
先週ぐらいから、忘年会の予定確認メールがわんさか来よります。
いよいよですばい!
暴飲暴食の季節
飲めない酒をのみ、
二次会、三次会
中洲で薄い水割りを飲む続ける
そして朝方まで食い続ける
株式会社ケイス、社長、一ノ瀬
会社を経営していくことは辛いのです
ただ、海にも行き通さんといかんし。

この季節、腹廻りがでかくなっていきます。
冬用のウエットスーツが苦しくなります
そこでですが
毎年恒例ダイエット月間をやります。
ここ、1ヶ月で5kg体重を絞ります、

ここに、全世界に宣言いたします。
このblogはfacebookにもそのままリンクしますので
6億人の皆様に宣言にいたします。
男・一ノ瀬・45歳
12月8日までに、5kg
痩せます!
痩せまくります!
痩せがぶりよります!

[PR]
by ichinose-blog | 2011-11-08 22:47 | 出来事
博多の男の話
いつもの和田社長と波乗りの後
がっつり肉ば食うぞ!の指示で、即、予約!
夜飯はがっつり焼肉になった。
FBに誰か来いっと出したら、女性の仲間が二人来て4人で
肉を食いながら、色々語り合いの場になった。
女性は二人ともは30代でとても魅力的で美しい
仕事も充実させて、趣味も多彩でかっこいい。
料理もプロ級だそうだ。

ただ、彼氏がいないらしい、
ここ数年気配もないらしい。

結婚願望はバリバリあるけど、全くもってチャンスもないとの事
福岡は結婚適齢期の男性が少ないと嘆く
少ーし口説かれても、全く押しが弱く、優しすぎて、すぐあきらめるとの事

女性陣たち曰く
俺らの周りには唯一博多で艶で濃い男がおりそうだっと言いはる・・・が
そらあ、少しはおるばってん、
もう、濃く熱い男はたいがい結婚してるのが現実で、誰ーもおらんばい!っと
そんな話をすると、酒を飲みながらうなだれる。

自分はハンドルキーパーでウーロン茶で熱く男論を語り
和田社長は酔っ払ってなぜ博多によか男がおらんくなったのかを
政治的、社会的、教育、又、人口統政になぞって解く
一人の女性は、ただ今、韓国語勉強中でペラペラだそうだ。
韓国人は徴兵制度もあり、男らしいとの事
んーん、こりゃいかんばい、
博多男子よ!
艶つけて、熱くなって
ふられてもよかやないや!
何度も何度もぶつかって
がっつり
女性をくどかなつまらんじぇ!

写真は、博多一番艶つけ男、和田社長、51歳
餃子食うときも、イチイチ艶つけらないかん!
f0035501_1375671.jpg

[PR]
by ichinose-blog | 2011-11-07 01:43 | 人物
最後の打合せ
佐賀市で工事を続けている、物件名S_L_H(佐賀県弁護士会館)がもう少しで竣工する。
計画から竣工まで本当に長い時間を費やした、
一番最初の打合せはいつだったかのかも思い出せない。
久しぶりの故郷、佐賀県内での大型物件、
いろんな想いが交錯する、複雑な物件でもあった。
自分は勤務設計士だったときは、佐賀県を代表する設計事務所でもある
㈱石橋建築事務所に勤務していた。
当時の事務所はものすごい人数の建築士がいて活気があり
県内の大型物件はほとんど受注するほどの勢いであった。
自分は福岡支店勤務だったがほとんど、佐賀本店の大型物件を担当させられていた。
仕事の内容は大型物件や、多種多様な用途の仕事に携わることが出来て
20代の自分のスキルをUPさせるにはすばらしい環境でもあった。
ただ、福岡での刺激的なライフスタイルを充実させながら
佐賀のなんともいえない保守的な考え方がとてもとてもつまらなく、
葉隠精神的な自分を殺してガマンして事を成す的なことが理解できなくて面白くなかった、
人から指示を受けて仕事をすることがいやで、30歳でポンと会社を辞めた。
福岡で独立をして、今がある訳だが
最近ようやく佐賀や長崎でも声をかけてもらえるようになった
独立当初はなかなか、物件に恵まれなかった。
福岡で少しだけ実力をつけたことで、今回、設計管理コンペに推薦していただいた。
今回の物件の敷地はお世話になった石橋建築事務所の近所ということもあり
若干プレッシャーでもあった。
コンペ自体は運よく勝ち抜くことが出来て、今回の受注になった。
他社のプランがどんな感じで、当社が選ばれたのか?わからないが
自分の思う弁護士会館を素直に少し斬新に提案をした。
コンペのプレゼンテーション時には、なんとうちだけ、パワーポイントの映像が繋がらず
自分の口だけのプレゼンになった。声を嗄らし、汗だくで話をした。
画像や映像に頼らないプレゼンが逆に自分にとって
開き直り、素直に想いが話せたのかもしれない。

本日、最終現場打合せ、ずっと、打合せをさせていただいている
建設委員会の池田先生と田中先生、二人と色々と話こみながら
現場を見て廻った、彼らは自分の今回の設計の最高の理解者でもあります。
感慨深くいろんなところを廻り、この形に拘った、経緯を確認しあった。
正面の看板は繊細な形よりもより大胆に弁護士会として品格をもったデカイ、サイズに変更した。
もう打合せがなくなると思うと寂しくなる。
この佐賀の中心地に自分が設計した物件が建つ
自分の渾身の想いは機能、デザインとしてわかってもらえるはずだ。
設計契約時、弁護士数十人のなかで、設計趣旨を話す場があった。
それこそ、百戦錬磨の弁護士の先生達から厳しいご指摘が多々ありました。
つるし上げられた気分だった。
最後に苦しさ紛れに出た言葉が
「最後に出来上がったときにわかりますから、
そのときまで待たんですか?」

いよいよその時も近づいてきた、最後まで気を抜かず走り抜けます。
緊張してきたバイ!
f0035501_113192.jpg

[PR]
by ichinose-blog | 2011-11-01 01:19 | 現場