建築士 一ノ瀬勇が日々思った事を綴ります。
by ichinose-blog
カテゴリ
全体
旅行
見学
現場
設計
デザイン
趣味
住宅
食事
人物
環境
出来事
打合せ
etc
道具
以前の記事
2016年 11月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
お気に入りブログ
case staff
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧
仕込み
最後の仕上げ、仕込みにかかっている。
大分の熱い夜
いつもの◎西と広島のカリスマ建築家K2の河口
二人ともサイッコーの男達
いつものように深夜の都町
男、一ノ瀬サイッコーの喉でキャラオケをカマシテ
気分よく、オネーチャン達を盛り上げ、気分よくもててたら
この広島の河口、おもむろに聞いたことのない
いまどきの歌を高音で歌い上げた
サイッコーだった。
オネーチャン達を全部持っていった。
情けないことに、感動してしまい
◎西と俺は泣いた!

何なん、この歌?
知らんのイッチャン~
はずかしいの~
秦基博の鱗じゃけえ~。

数日後、広島からCDが突然送られてきた。
河口から歌ってた鱗が入ってるCDやった。
やられたばい。
お返しにサイッコーの明太子を送ってやった。
サコッペにiPodに入れてもらって
毎日聞いている
そして今日、ラジオを聴いてたら
なんと、新しいアルバムが発売との事
すぐに買ってきてもらった。
よかぁ~。
その中でも最近ラジオで流れてる
「フォーエバーソング」
今日の移動中も何度も聞いて、声を張り上げて歌った
今、声がかれている。
少々疲れる歌だが
この冬の陣のステージには
サイッコーの状態に仕上げなければならない。
時間がないばい。
博多、冬の陣、各地の社長連中や建築家に
福岡代表として負けるわけにはいかない。
去年は中孝介「それぞれに」で勝負に出たが
難しすぎて、各地で玉砕された。
この冬は秦基博で勝負する。
まずは広島、河口に勝って
各地の
艶女たちを泣かす。
今年こそばちィ~っと決めるばい。

[PR]
by ichinose-blog | 2008-10-30 00:30 | 趣味
深夜
気になってたんで客との外での食事の後、現場に戻って来た。
深夜にすまないがCASEスタッフも急遽呼んだ
現場監督や施工会社代表も無理して来ていただいた。
工事現場照明の中に
昼間に出来上がった、職人達の魂の仕事が浮かび上がる。
今回の現場、非常に難しい、
何が正しくて、何がだめなのか。
答えが何なのかさえわからなくなる時がある。
現場監督とCASEスタッフの説明を一通り聞いた
少し考えた後、心を込めて大規模の工事やり直しを指示した。
こちらが書いた設計図の中に書かれていないことを多く指示を出した。
明日から現場はすごいことになるだろう。
各職人は驚くだろうし、何をいまさら?と思うであろう。
ただ、信じてほしい、
その魂の仕事の先に今回の現場の真の答があることを
すべての責任は自分がとる。
目の前の仕事を何日もかけた魂の作業全てを崩して
又、新しく造り直してくれ。と指示をだした。

自分の中で本質はぶれることはない。
自分の心の芯から真っ直ぐ伸びている
物事の本質の軸は
ぶれない。絶対に
ぶれることは無い

竣工時にこのプロジェクトに関わった全ての人が
喜んでもらうのを確信している
朝方、現場に一礼をして又、事務所に戻った。
f0035501_349262.jpg

[PR]
by ichinose-blog | 2008-10-29 03:44 | 現場
オヤジ42歳&44歳
本日10月28日
我、同士、五朗の誕生日
なんと、サコッペが調べたところによると
五朗は犬年齢で44歳にもなると言う。
俺より2歳年上ばい。
五朗兄さんやん!
事務所前の交差点で多くのギャラリー達に見られながら
大々的に記念撮影をやった。
ここ、薬院2丁目では
CASE=一ノ瀬ではなく
CASE=五朗なのである。
街の人気者である。
ハッピーバースデーのコールの中
少し悔しいが、今日はめでたい誕生日
よかオヤジ二人組で今後もCASE盛り立てて
がんばっていこうや!五朗!

誕生日おめでとう。

f0035501_2242516.jpg

[PR]
by ichinose-blog | 2008-10-29 02:30 | 人物
ゴメンよ相棒
本日一ヶ月ぶりに大事なヤツが帰ってきた
一ノ瀬家3代目のボルボ。
ほとんど街乗りなのでっかい車体
駐車場には時たま入らない
フルタイム4WDでありながら踏み込めばすごい加速
時代とは逆行する、燃費に装備
ごっついボディと硬い革張りシート
運転下手なスタッフからはビビられ、
嫌われながら、なじられながら走り続けて16万キロ
とうとうエンジンにガタがきた。
ディーラーからは年間の走行距離がこのまま伸び続ければ
毎年すごい修理代は覚悟してくださいと言われ
カミサンからは金食い車とミソクソ言われ
実は真剣に◎MWや◎ルセデスの
カタログを取り寄せたりした・・・・・・・
展示場にもコッソリ行ってたりして・・・・・・・・
先日ディーラーの駐車場の片隅でヒッソリ置かれてる
ヤツを見て、胸が熱くなり泣きそうになった。
ゴメンよ相棒!
お前とはCASEの成長とともに生きてきた。
雨の日も雪の日も真夏の日も、泥だらけの現場や
北風荒ぶ玄界灘、灼熱の宮崎の波乗りにも一緒に行ったし
深夜の高速道路では眠りながら運転してても
ガードレールを避けてくれた
大好きな大村湾パーキングや湯布院Pなど
一緒に朝を迎えたし、朝日を一緒に拝んだこともあった。
ここ一ヶ月、距離を置いて、
大事なものを忘れていた事に
気づいたんだ。
もう、けして、離しはしない。
許しておくれ相棒よ!

修理代は高くついたが、もう一回は車検を受けるから
それまでずっとがんばっておくれ、お互いヨレヨレになるまで
一緒に走り続けよう
一緒に夢を追いかけよう
目標距離30万キロ!
f0035501_2241.jpg

[PR]
by ichinose-blog | 2008-10-27 02:31 | 趣味
厚生労働委員長来たる
自分は博多の経済人の集まり、博多21の会に所属しております。
昨日、若手の創業社長を中心にした集まり
IBCの会合があった。
上場する会社や、グローバルに海外で活動したり
ニュービジネスを構築したり
大規模農業だったり、職種は多種だ。
8人ほどの小さな会社の自分でも
参加させてもらっていて、感謝している。
会員数は現在は9名
本日参議院議員 岩本司さんを囲んで
自分たちの会社の直面している問題や
国政に求めること、自分たちが強く思うことを
本音でぶつけ合った。途中熱くなり、全員、声がでかくなり
店中に響き渡り、きずいたら自分たちだけしかいなかった。
非常に充実した数時間。
岩本さんは現在厚生労働委員長で国の医療福祉行政のトップで
活動されている。
自分も今、国のケア構想に翻弄されている
各地の病院理事、事務方から多数相談を受けていて
直接、現在、又、今後の国の医療福祉政策についての考え方を聞いた。
各人、自分の会社と直接関わる国の政策の問題点や不安を
直接ぶつけ、討議した。
現在、自分は日本人として豊かな生活をしているんだと思う。
先人たちが築き上げた美しく豊かな日本を今後も
維持しなければならないし、継承していかなければならない。
豊かになったからこそ、今の日本にも多くの問題があるのは確かだ。
自分たちが責任もって強く生きていかなければならないと思った。
岩本さんは党派を超えて、人として誠実で優しく、又、熱いひとだった。
自分も株式会社の社長としていろんな事を考えさせられた数時間だった。
f0035501_15203229.jpg

[PR]
by ichinose-blog | 2008-10-25 15:21 | 人物
現場に問え
若者の街、大名のど真ん中で進んでる
大型オフィス「one」プロジェクト
今月末竣工でガンガン進んでる
ずっと難航していた家具も決定した。
出来上がりのイメージを深く追求して
かなりの予算をオーナーに追加で組んでいただいた。
感謝したい。ぜひとも出来上がりに期待してもらいたい。
ザックリとしたコンクリートの無垢空間に
高級なラグジュアリー空間を造り上げる。
微妙な間合いが設計者として非常に難しい判断になる。
現場で担当のカワノ、監督の◎ダ君、設備業者に
自分の想いを熱く伝えた。
その後、現場の中でずっと考えた。
昔から自分は図面で迷ったら現場に問うてみる。
信念に基づき
本質を
貫き通す。

結果は月末だ。
カワノ気合入れろ!
f0035501_246696.jpg

[PR]
by ichinose-blog | 2008-10-23 02:33 | 現場
手島邸・秋
先日、ずっと楽しみにしていた
久々の「手島邸」食事に行ってきた。
広島からMAクリニックの先生夫婦と
(かなりデイープな手島邸のファン)
NESTの邦さん達、約束をしてたんで
四国から命がけで帰ってきた。
1時間遅れで行ったため、ゆっくりではなかったが
料理は秋の味覚満載
日ごろ、食事など後回しで
食ったか食わずかわからない
とりあえず流し込んんどけみたいな日々
目の前で繰り広げられる
店主奥津さんの芸術的に包丁捌きや
美しい器に盛り付けられる新鮮、贅沢な食材の料理
魂が震える味覚に最高の気分を感じさせてくれる。
これぞ、大人の至福の時間
新しい、スタッフもいい感じ
店主、奥津さん、シンゴ、ミホ
サイッコーの料理
サイッコーの笑顔
いつも、ありがとう!
サイッコーに気分のいい夜でした。
f0035501_0274745.jpg

[PR]
by ichinose-blog | 2008-10-22 00:37 | 食事
東山魁夷せとうち美術館
f0035501_5172829.jpg

週末、CASEの大型新人大塚と外部スタッフ川崎と一緒に
香川県と愛媛県の物件の打ち合わせだった。
二日間に渡る日程で結構ハードだった。
ただ土曜の午後には終わり、帰福の途中
ずっと気になってた
谷口吉生の東山魁夷せとうち美術館を見学してきた
天気もよく、秋晴れで清清しかった。
初めて見る谷口建築はシンプルで力強く美しかった。
来年いっぱい、四国通いが続くので、いろんな建物を
見て廻りたい。
帰りの電車は指定席がとれなくて、自由席も座れず
通路でひたすら立ってた、
坐骨神経痛は深刻でどうにかせんんといかんバイ!
どうすりゃ、直るんかいな?
みなさん、教えてくれ!
俺のケツの骨の痛み!

f0035501_5174821.jpg

[PR]
by ichinose-blog | 2008-10-19 05:22 | 見学
Grapefruit Moon
現場の帰り、コンビニによって
空を見た、博多まではまだまだ遠い場所だが
周りには明かりが少ない
満天の星空と丸い月
車に乗って、サンルーフを空けて
シートを倒した。
音楽をかけた大好きなTom Waits
事務所でかければいやな顔を若いやつらからされるが
一人で聴く、この場所ならいいだろう。
Tom Waits: Grapefruit Moon
好きな歌
曲をききながら、いろんなことを考える
明日も朝から遠方に出張、さすがにきつい
叶った夢もあるが、後悔してることも沢山ある。
今日もスタッフに強くあたった。
明日は、ほめてあげよう・・・・
それにしても、きれいな月
満月が近いのか・・・。
今日中には何とか事務所まで帰ろう。

[PR]
by ichinose-blog | 2008-10-15 05:10 | 趣味
棟上は楽し
福岡市内の閑静な住宅街の角地に
平屋の住宅の棟上
オーナーは超有名企業の重役として長く仕事をされ
近年、退職、
なんと住宅は今回で4棟目だそうです。
今回は長年尽くしてくれた女房のために家を造るんだ
と笑いながら話をされます。
奥様が今回は洋風がいいと言うから

施主「洋瓦で赤がいいなぁ~一ノ瀬君。がっはっは。」
自分「・・・・・・・・・・・。」
外壁は赤茶のタイルのサイディングがいいなぁ~一ノ瀬君。がっはっは。」
自分「・・・・・・・・・・・・。」

わっわかりましたぁ~。
何っでん、ゆうてくだっさい。
何とかしますから。
ばちーーーっとやりますから。

CASEの住宅はオーナーと一緒に家つくりを楽しみます。
CASEだけの作品つくりはやりません。
又、オーナーの希望だけのわがまま住宅もやりません。
CASEと共に造る
それがCASE・Houseです。

施主「一ノ瀬君、初めてバイ、こげん、棟上のとき、ずっと
    建て方を見るのは、すごかなぁ、なあ~、感無量ばい、うれしか!」

ずっとデジカメで写真を撮る施主

自分「一緒に記念写真ば、撮りましょうか?」
施主「そうやなぁ~」
自分「ニコっと笑わないかんですよ。」
施主「やっぱ、はずかしか、横向こう。」
自分「なんでぇ~」

3月末の竣工までやります。
担当カズアキ、
気合いれろよ!
f0035501_13434549.jpg

[PR]
by ichinose-blog | 2008-10-11 13:48 | 現場