建築士 一ノ瀬勇が日々思った事を綴ります。
by ichinose-blog
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
全体
旅行
見学
現場
設計
デザイン
趣味
住宅
食事
人物
環境
出来事
打合せ
etc
道具
以前の記事
2016年 11月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
お気に入りブログ
case staff
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧
艶・鉄骨鳶
f0035501_22322715.jpg

CGクリニックの棟が上がった
秋の青空の中非常に複雑な鉄骨がどんどん
組みあがっていく。
クレーンが次々に鉄骨を吊り上げ
鉄骨鳶が動き回る
フランジの上は10cm
足袋姿の男達は
地面の上と同じように走り回る
現場につき、鉄骨鳶をみた瞬間
20年前のことを思い出した。
足場鳶だった自分は鉄骨鳶や鉄塔鳶にあこがれていた。
今でも高いところは現場監督よりも自由に動き回れるが
常に命をかけて動き回る鉄骨鳶は気合が違う。

今でも忘れられない鮮明な記憶
二十歳になった、寒い冬
ある大きな現場で自分達、足場鳶と鉄骨鳶
高層の現場で一緒に仕事をした。
その現場は鉄骨が非常に複雑で難しい
工程的に厳しく、鉄骨を建てながら
連続して自分達が吊足場を架けて行った。
又、鉄骨そのものがH鋼ではなく、丸鋼材だった。
鳶たちは足袋の裏をきれいに拭き上げ
滑らないよう、釘で傷をつけていった。
手甲・脚袢を締め上げた。
早朝から一升瓶の栓をあけ、無言で酒を回し飲む
これから命をかけて挑む、男の仕事。
自分も死ぬ気だった。その日、現場で死ねれば本望だった。

今では考えられないが
スーパーゼネコンの監督たちも
命をかける男達の儀式を
見てみぬふりをしていた。

時代は変わっても、自分の想いは変わりはしない。
今でも鉄骨鳶にあこがれる。

一人だけ、現場事務所で無言で食事する男は
職長である。風格が違う、男の色気が全く違う。
現場の中で色んな職種があるが
鳶は特別である。ましてや鉄骨鳶は特別の中の特別
自分も現場事務所に入る前に、その職長に
自己紹介、宜しくお願いしますとにきっちり頭を下げた。
にこっと笑っていただき。
緊張がとけた。
その後の施主との打ち合わせ中も気が気でなかった。
鳶たちの動きをその風格ただよう職長のあざやかな
仕事振りをずっと見ていたかった。
現場監督の◎岡さんも、ニヤッと笑って、職長違うねっと言ってた。
真っ青な秋空に映える、その男は
サイッコーーーーーに
艶やったばい。

[PR]
by ichinose-blog | 2008-09-29 22:48 | 人物
伊勢神宮
f0035501_248671.jpg
f0035501_2482080.jpg
f0035501_248338.jpg



福岡の経営者団体「博多21の会」に所属しております
会員でもある
太宰府天満宮の西高辻宮司さんの案内で
伊勢神宮に行ってきました。
早朝の小雨で静けさのなか、玉砂利を踏みしめ
清清しい気持ちになり
日頃の忙しさから開放されて
日本人であることを再認識させられた数時間でした。
本殿にあたる「御正宮(ごしょうぐう)」にも参拝しました。
4重の垣根(御垣)で囲まれて入る中で、
最も内側のは天皇・皇后両陛下だけしか入れない場所
その外側は皇太子殿下・同妃殿下、
その外側には大臣クラス、
私たちの21の会は大勢の見学者が見守る中で
特別にこの場所に入れていただき参拝いたしました。
感動しました。
西高辻宮司と博多21の会の河邉会長が代表として二拝二拍手一拝を行い、
自分達もそれに合わせます。
生涯において、最高の参拝の体験でした。
久々に緊張したばい。
[PR]
by ichinose-blog | 2008-09-27 02:52 | 見学
鹿児島
f0035501_242481.jpg
久々の鹿児島遠征
住宅展で行ってきたバイ!
何が楽しいっっっって、あんた

元々無口で恥ずかしがりやの自分でも

色んな地域の住宅好きの人と話せるし
色んな地域の建築家とも交流できる
最高です!
今回は阿久根建設株式会社、井上社長の粋なはからいで2年前にお世話になった 
YSHouseのオーナーとゆっくり話が出来たし、
とてもおいしいお酒が飲めた。
いやあ~よかった。ありがとうございます。
住宅展にはいつもの鹿児島のメンバーの他に
関東から全国的に超人気の建築家
納谷建築設計事務所の納谷兄弟が参加していた。
博多組は森アニキと自分とyタケ
住宅展では納谷兄弟にさわやかスマイルで負けていたが
夜の部では森アニキの号令で博多組、最高のパフォーマンスが出来た。
二日目の夜には完全にのどがつぶれていた。
三日間の住宅展を終え
鹿児島のカレーで博多組反省会を開催し
yタケの買って間もない事故車について
俺の下であと半年がんばれば、女性をイチコロにする車庫入れを教えれたとにくさっとか
森アニキのベタふみ運転を楽しんだりして、あっという間に博多に着いた。
とにかくしゃべりっぱなし、食べっぱなしの三日間。
とにっかく
サイッコーです!
[PR]
by ichinose-blog | 2008-09-25 01:56 | 出来事
Tシャツ
肌寒くなってきた
もう、夏の感じはなくなり
博多は一気に秋モード
色々と模様替えが必要になってきた
この夏着ていたTシャツもきっちり洗濯して
来年の夏までケースの中
自分は比較的物持ちのいい男であるが
写真のTシャツはもう何年着続けているだろうか?
20代の後半で買ってもう15年近く大事にしている
波乗りの師匠、K氏から買って
大事なTシャツの洗い方を習い
本当にお気に入りである
もともとやわらかい生地だが
今ではクタクタで下着みたいな感覚だ。
この夏も勝負の波乗りの時には
必ず着ていった。
じいさんになるまで
着つづけるバイ!
f0035501_1424022.jpg

[PR]
by ichinose-blog | 2008-09-24 01:48 | 趣味
出張の楽しみ
県外の仕事が増えてきた
最近では九州県内以外に関東や中国地方、四国など
移動中は大変ですが、その地の、食事や建物など
一人で結構楽しんでおります。
先日の東京出張、カミサンに宿泊ホテルの予約お願いしてたら
日比谷駅から歩いてたどり着いたホテルは
Imperial Hotelそう帝国ホテル東京
カミサン、やるやん、よお~わかっとぉ~。
今までは、カミサンはいつも高級ホテルで自分の安ホテル
カミサンにはいつも決まってこれもインテリアの仕事っと恫喝されてたが
今回は違ったバイ。自分を気の毒におもったんやろう~。
今までの安っぽいホテルは、うす暗ーい、フロントにばあさんが
一人座ってるみないなところで現場の監督さんを呼んで
打ち合わせとかしたら、
一ノ瀬所長、こんな薄気味悪い宿じゃいかんでしょ
っと怒られてました。
帝国ホテルは壮麗にして優美と語られるほどの雰囲気でそりゃ最高でしたバイ。
f0035501_1442653.jpg

f0035501_1455377.jpg

f0035501_1461396.jpg

f0035501_1463384.jpg

楽しみにしてたオールドインペリアルバーはライト設計の旧帝国ホテルの面影を
現在に伝える東京では唯一の場所で大谷石や、壁のテラコッタは、当時のままだそうです。
お酒は飲めない自分だが一人で寂しく行ってきました。
艶つけてバチーっと大人の男を決めてたら、素敵な女性にモテルばい・・・・
ガッハッハ!たまらんねぇ・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
っ・・・・・・ん。
いらぬ期待は一瞬で砕け散り、でかい外人さんばかりで緊張して30分で退散
部屋に帰ってすぐにダウン、すぐに朝で即仕事でした。
高級ホテルはなんさま、
余裕がないといかんバイ!
f0035501_147267.jpg

[PR]
by ichinose-blog | 2008-09-21 01:53 | 見学
名古屋大学豊田講堂
名古屋駅の帰り、電車を乗り継いで
坂道を走って、陽が沈む前になんとか着きました
トヨタ自動車の寄付で、1960年に槇文彦先生が設計された
名古屋大学豊田講堂。
1962年には日本建築学会賞を受賞しており、
槇文彦先生の日本で最初の設計、DOCOMOMO100選に選定されており、
日本を代表するモダニズム建築の一つだそうだ。
力強く、洗練されたファサード。
かぁ~艶ばい!
バランスのよぉ~とれとぉ!

学生さんたちが、このオッサン何者や?っちゅう感じで見ていたが、
そんなん気にせん。
博多のちょいハゲオヤジじぇ!
日が暮れるまで、ずっと見ていた。
いやぁ~美しか!
槇建築!

f0035501_001847.jpg

f0035501_004072.jpg

f0035501_0055100.jpg

[PR]
by ichinose-blog | 2008-09-19 00:04 | 見学
いろいろ
次週が超多忙週間になりそうなんで
色々と雑務をこなした
その中で、ずっと調子の悪かった車を
思い切って修理に出した
いつ、帰ってくるかわからないとの事で
代車、mercedes-benz.c-class
これが、艶で実にいいったい!
なーんか・・・・・・イヤイヤ、危ない、危ない!
f0035501_1332158.jpg










帰りに藤戸君の店でシャツとパンツを購入
いやぁ~実にいい店、ずっといると
ガンガン買ってしまいそうなんで
看板犬とじゃれあって退散
f0035501_134340.jpg











その後、ずっと借りっぱなしで
こっそり、いただきそうになってた
森アニキの洋書を返却に事務所に
憧れのアニキとながーい雑談
夜になり、メシに連れ出す。
CASE最新作「かど」に行き
グダグダしゃべっていると
チバちゃんと世界の巨匠「窪田先生」登場
「窪田先生」には何度も建築デザイン熱話
を聞かしてもらってる。
f0035501_1344040.jpg











今回も「いっちゃん、建築とはなぁ・・デザインとは・・・」」
かなーっり、熱かったばい!
内容は・・・・
「秘密くさっ!」
窪田さんも森さんもチバチャンも熱か人ばい。
最高の夜やった。
[PR]
by ichinose-blog | 2008-09-15 01:53 | 出来事
深夜のキッチン
深夜、2時、少し休憩
事務所一人
キッチンに立つ
冷蔵庫を開ける
この季節の施主からのお土産
梨を見つける
最高です!
豪快に皮をむく
がっつり、かぶりつく
サイッコーです!
f0035501_22493080.jpg

この秋、俺の中では
梨が熱い
[PR]
by ichinose-blog | 2008-09-11 22:50 | 食事
夏の別れ
深夜一人
溜め込んだデジカメの写真を整理しようと
カメラを取り出しチェック
この夏の思い出
建築現場や飲み屋、友達やスタッフの写真
その中、一枚の写真で手がとまった。
そして・・・・・また、涙がとまらなくなった。
永遠の別れはこの夏突然やってきた。

設計契約のときのその写真
思いっきり作り笑いの自分の横で
まじめに、にっこり笑ってる写真
短い時であったが、一緒に駆け抜けた
一緒に悩み、そして、突き進んだ。
契約した、住宅は今、テラサコさんが
頑張って図面、書いてます。
そして、先に進んだ住宅は来週、棟上です。
どしゃぶりの地鎮祭はほんの数日前だった気がします。

福岡は9月
まだ今日は暑かったけど
来週には博多も秋になるやろう。
ちょーど、涼しくて、よか季節
気持ちよかろーやぁ~
棟上げの時は
天国から降りて来んですか?
また、ゆっくり、話ば、しましょうや。

色々とご迷惑をおかけしました。
そして、色々と気を使って頂き
ありがとうございました。
さようなら、
さようなら、
天国で安らかにお眠りください 合掌
f0035501_25289.jpg
[PR]
by ichinose-blog | 2008-09-11 02:16 | 人物
波乗り
深夜2時、最後の図面チェック
スタッフに指示を出して
仮眠のために家に帰る
1時間ほど眠り
事務所に行き、ソファーに寝てるスタッフを起こさないように
コソーッと事務所をでる、早朝5時
宮崎まで休憩一回で3時間半~4時間
気分的には一瞬で着く感じ
そう、今日は波乗りですたい。
最高です!

福岡から熊本まで晴天
霧島付近で小雨
宮崎はくもり
波のコンディションはよくない
完全にオンショア(海から海岸に向かって吹く風のことです)
波はすぐに崩れてスープぎみ
波乗りしている人も20人~30人位で少ない・・・・・

だけどこの日のために色々と調整して時間を造った
スープでもなんでもいい
ガンガン行く!
すぐに着替えて海に入った。
なかなかいいポイントがなく
ほとんど波待ちのみ
海の上でボーッとしてました。
途中軽い昼食をとり
午後3時まで海に居ました。
その後、仕事の打ち合わせを済ませ
次の日の現場、熊本に車を走らせました。
行きと違って宮崎~熊本までの遠いこと・・・・
次はいつ海のはいれるだろう。
仕事がんばるばい!
f0035501_255098.jpg

[PR]
by ichinose-blog | 2008-09-08 02:09 | 出来事