建築士 一ノ瀬勇が日々思った事を綴ります。
by ichinose-blog
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
旅行
見学
現場
設計
デザイン
趣味
住宅
食事
人物
環境
出来事
打合せ
etc
道具
以前の記事
2016年 11月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
お気に入りブログ
case staff
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧
波乗り→打ち合わせ→波乗り
f0035501_2173493.jpg

宮崎で仕事をしている
最高です!
午後からの打ち合わせですが
早朝4時おきです
ベタ踏みで車飛ばして
一瞬で宮崎です
9時から、きっちょううどん食って
波乗りです!
その後水かぶって
身支度、あくまでも仕事メインですから
シャツ、パンツ、ジャケットに革靴
きちっと押さえて
バッチリ打ち合わせに備えます。
なんせ、波乗り後ですから
最高の打ち合わせが出来ます。
最高です!
その後、服を脱ぎ捨てて
夕方の海に直行です。
夕陽を見ながらの波乗りは
またまた、
サイッコーです!

暗くなって、水かぶって
福岡までの道のりは
朝の時とは逆で果てしなく、ながーいい、道のりです
最悪です・・・・・・・
でも楽しい、宮崎ツアー
竣工までがんばります。
波乗りもうまくなりそうです。
f0035501_2181343.jpg

[PR]
by ichinose-blog | 2008-07-29 02:26 | 趣味
免許書ジャンケン(?)
忙しい、とにかく忙しい
ずっと先延ばしにしていた
車の免許書更新にばたばた行って来た。
この日を逃すと、もう日はないと
サコッペから手帳にでかく書き込まれていた。
更新の最中、ずっとドキドキしていた
自分にはある作戦を実行しなければならなかった。
写真写りには最高に自信がある自分
元々、のある顔つきなんで
いつも天使の笑顔で免許書ができあがる。
この免許書はスーナカクラブ活動の支払い時に
時には◎メックスのブラックカードより効力を発揮する。
自分の免許書はきれーなおねーちゃんたちにも絶大なる人気がある。
そう、
免許書ジャンケン
で支払いが決まる時があるのだ!
いつも、連戦連勝で決勝までは行くが
必ず負けるのが
◎ノベエステイトの◎山社長
なんとか、今度こそ負かしたい。
最高の笑顔のパフォーマンスをしたい
それだけを考えて、更新中緊張していた。
色んな記入ごとや視力を測って
いよいよ写真、
椅子に座って、最高のスマイ・・・・・・るっと
目を見開く途中
スマイルのイとルの間であっけなく、シャッターは押された。
出来上がった免許書は・・・・・・
チョイハゲオヤジの中途半端な笑顔とだらしない口元・・・・・
残念!ばい。
次回は3年後ですたい!
ながかぁ~。
[PR]
by ichinose-blog | 2008-07-26 21:44 | 出来事
構造打ち合わせ
姉歯問題後、建築費高騰問題もあり
構造設計の重要度の割合が
全体設計を進める上でかなり高くなってきた。
全体工程のなかで構造設計がどのくらい時間がかかるのか
設計の依頼をそのタイミングで受けてくれる
構造設計士がいるのか?
本当に大変な問題になっている。
とにかく、構造設計事務所が忙しすぎて
事業物件や投資物件など
竣工の予定が決まっている物件を簡単に
受注できない事態もおこっている。
自分がいつもお世話になっている
福岡構造の◎永さん
自分と同じ歳で、若いころからずっと、一緒に設計をしてきた。
独立をしてから大型物件の依頼が少なくなったが
最近ようやく、又、依頼が出来るようになってきた。
ただ、この◎永さん、仕事が出来る上に優しい男のため
人気が沸騰中、忙しすぎる。
本日ようやく捕まえて打ち合わせをむりやりさせてもらった。
相変わらずのキレでガンガン仕様が決まっていく。
さすがバイ!
これでやっと図面が進む
久々の構造打ち合わせは充実やった。
f0035501_1965754.jpg
[PR]
by ichinose-blog | 2008-07-25 19:08 | 打合せ
実家にて
急用で実家に帰った。
実は一年ぶりの帰省
正月もGWも仕事、
故郷、嬉野は近くて遠い場所。

深夜に帰り、寝床についた瞬間
親父達は起きだした。
農機具小屋で何か準備をしている。
70代半ばになった親父
この一年でかなり老いてやせていた。
築35年の家は母がいくらきれいにしても
雨漏りでシミだらけ、床は浮き上がり、
給湯、水周りも調整が出来なくなっていた。

朝食を母が用意してくれた
畑で採れた新鮮な野菜
とても食べきれない、母の中で
自分の食欲は昔と変わってないのだろう。
ほとんど、食べれず残してしまった。

午前で済ましてすぐに福岡に戻ろうと
早くに準備をしていたら
親父がよそ行きの服を着ていて
病院に連れて行けと言う。
母に聞くと親父は歯が悪く、
最近、あまり多く食べれなくなり、
夏バテで寝込んでいたとの事
子供のころに見てた鋼のような背中は
今はもう無い。
車に乗り込み、病院へ
途中に会話は無かった
外車は故障が多い、買いなおせと一言。
車の免許を持ってない親父は
シートベルトを両手で握り締めてた。
病院の前で親父を降ろし、
手を上げて別れた。
最後、親父は笑ってた。

Uターンしてゆっくり通学路を走った
暗く、寂れた街並みを抜け
嬉野を出た
次のパーキングで
車を止めて泣いた。
f0035501_3365482.jpg
[PR]
by ichinose-blog | 2008-07-25 03:48 | 出来事
なんかもんくあるとや!
CASEでは夜ごはんを全員で食べる
日頃の仕事のことや日々の出来事など
ワイワイ話しながら食べる。
一食600円まで会社で負担するんで
若造たちは、ほとんど毎日会社で食べてる。

7時過ぎたら食王(?)を中心に、今日なん食べる~?
とメニュー表をもってソワソワしだす。
安い給料で頑張ってもらってるんで
夜メシくらいガッツリ食え
っと言っている。
おかげでCASEに入社以来痩せるやつはいない
ブクブク太ってやがる。

いつもじゃんけんやインチキアミダで買いに行く人を決める。
勝負事には必ず勝つ自分は
インチキアミダでも負けたりなんかしない。
なかなか自分が行くことはない

本日、夕方外に出たついでに
ほか弁で弁当を買ってきてやった。
食べ盛りの若者に一応気を使ってケンカせんようにと
全員、王道のから揚げ弁当
自分だけ、カレー+チキンバスケット

事務所に帰ってテーブルに広げると
し~ん。
となった。
ん・・・・・?
KY・・・・・。
どうやら、自分がメニューの希望もとらず
勝手にから揚げ弁当を買ってきたのが
気に入らないらしい。

はは~ん!
お前らの気持ちはよーわかった
もう、二度と弁当やら買うてこんぞっ。
から揚げやら、食うな!
全部、俺が食う!
ノリじゃないとゾっ!
から揚げゾっ!

f0035501_22395617.jpg
[PR]
by ichinose-blog | 2008-07-19 22:54 | 食事
リタイアすることにした
今日、野茂英雄投手が現役引退の決意を固めたことが
ニュースに流れた。
色んなスポーツ選手がいるが
自分の中では一番大好きな選手。
このブログで何度か野茂投手の事を、書いたが
多くを語らず、事を成す
男の中の男

自分の中ではまだまだやりたい気持ちが強いが、
自分の気持ちだけで中途半端にしていても
周りに迷惑をかけるだけだと思った。    


と語っている。

サラリーマン時代、スポーツ雑誌に掲載された
ドジャース時代の野茂の切り抜きをデスクに貼っていた。
アメリカで躍動する野茂に心動かされた。

んー今日は、仕事をしたくない。
すこし、一人になりたい気分だ。

2008.0717、
大好きな野茂投手が
リタイアすることにした
と語った日。


f0035501_22484668.jpg
写真:産経新聞社より
[PR]
by ichinose-blog | 2008-07-17 22:58 | 出来事
一級建築士
深夜4時、必死で鉛筆を削る
1.
2.
3.
4.
5.
もう一回考えろ

一つずつ丁寧に、6面に書き込む
今年の鉛筆は金沢で買ってきた金箔鉛筆
何もサポートすることは出来ないが
サイコロ鉛筆
くらいは作ることが出来る
毎年この時期の恒例
今年のケイスからは3人が挑む
一級建築士

誰もが通ってきた道
誰もが逃げることの出来ない夏
なんで、夏なん?
自分も思ってた
彼女、彼氏と普通海水浴やろっ!
っと思いながらも全てを断って
とにかく勉強しなければならない夏
深夜まで仕事をしながら誰もががんばる
20代の青春真っ盛りの大事な数年間を1級建築士の勉強に充てた
金もなかったし、◎ッケン学院など行けるはずもなかった。
とにかく独学で書きつずったノートは山になった。
必死で勉強してるのがなんだか恥ずかしい時代だった。
人前では勉強してないふりをして
深夜の最終電車で帰り、本当に寝ないで勉強した。
時代はすこし変わっても、今もそれは変わらないと思う。
そのときに体に染み込んだ建築学は今でも自分の宝だ。
ケイスの若者3人、仕事もバリバリ頑張ってくれてる。
本当に感謝している。

サイコロ鉛筆を削るくらいしか出来ないが
魂こめて、造ってやる。
とにかくあと10日
がんばれ!
がんばれ!

f0035501_4243628.jpg

[PR]
by ichinose-blog | 2008-07-16 04:31 | etc
男の持ち物
普段から男が仕事上で使う道具は
「艶つけらないかん!」
そげん、思っとります。
道具やら関係なか
中身で勝負くさっ!
たしかに、そげんも、思っとります。
ただ、しかーっし!
さりげなく、艶な道具を使いたいとですたい
男は・・・・・・
だれーも、なんも言わんけど
もっとるだけで気分がいいとですたい。
現場で失くしてずっと持ってなかった
コンベックス
綜合デザインの艶な監督、◎だ君が
現場で九州を離れるとの事
挨拶に来た時に誕生日プレゼントでいただいた。
blomusのつやつやステンレスHL仕上げ
艶ばーいい。
これで、ばちィーっと、家具やら測りよったら
博多艶女達から、又、モテまくりですたい。
たまらんねぇ~。

f0035501_256042.jpg

[PR]
by ichinose-blog | 2008-07-16 03:02 | 道具
暑かですなあ~
週末の二日間
大分TTHouseのオープンハウス
担当のシュンスケと応援部隊で
サコッペと新人サトシが手伝いに来てくれた。
case物件のオープンハウスは正装
おなじみケイスTシャツで気合をいれた。
完全オープンの形はとらない見学会だったが
二日間共大盛況
計画中や依頼予定ののオーナー達が
ワンサカ集まった。
全ての客に自分が説明するわけにもいかず
スタッフ4人で対応した
新人サトシは始めて見るCASEハウスに
チンプンカンプンながらも
先輩スタッフの説明を盗み聞きしながら
一生懸命説明していた。
コッソリ聞いていたら、おもろかったバイ。
大分の物件にも関わらず
県外から多数のお客様が駆けつけていただきました。
本当に嬉しかったです。

又、施主のTさま、休日なのに
一緒に説明までしていただき
ありがとうございました。
大感謝の二日間でした。
f0035501_240317.jpg

                              写真は模型を飾る新人サトシ
[PR]
by ichinose-blog | 2008-07-15 02:45 | 現場
最高に気分のいい夜
18歳からずっと鳶職だったことは以前から書いていたが
20代なかばで鳶をやめた後も
ずっと今でも仲良くしてる友達を誘って
手島邸に行って来た。
鳶だったことはお互い会社を興した今でも
自分達の中では最高の思い出だ
そのころの純粋に無垢で単純で尖った刃のような
感性は今でも自分の誇りでもあります。
刺激的で劇的な生き方をしていた。
20数年経った今でもそのころの武勇伝は語りきれないほど
鳶をやめた後でも常に一緒だった
熱く、疾走した20代の青春そのものだった。
なんでも話のできる、親友であり
また、ライバルでもある。
今後も熱く濃く刺激的に生きていくであろう。
後ろは振り返らない、フルスロットルで
走り続ける。
負けるわけにはいかない。
お互いすこし歳をとって自分達の会社も大変だが
今後も一生付き合っていくだろう。
f0035501_584239.jpg


初夏の手島邸はいつものように
最高の料理とお酒でもてなしてくれた。
店主の奥津さん、シンゴクン、ミホちゃん
いつも気を使ってくれてありがとう。
友達も最高の夜と言ってくれた
BDのサプライズ
お店のお客様も一緒に祝ってくれた。涙がでそうだった。
最高に気分のいい夜だった。
[PR]
by ichinose-blog | 2008-07-11 05:15 | 人物