建築士 一ノ瀬勇が日々思った事を綴ります。
by ichinose-blog
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
旅行
見学
現場
設計
デザイン
趣味
住宅
食事
人物
環境
出来事
打合せ
etc
道具
以前の記事
2016年 11月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
お気に入りブログ
case staff
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
CASE-2008・終
photo: hiroshi mizusaki
f0035501_15253100.jpg

今年は1000枚を越えた年賀状
去年と同様手書きの一筆を入れ
又、腕が動かなくなった
最後の200枚ころになると少々字が汚くなり
文章も短くなっているが、魂は30倍かけているので
届いた人は自分の魂を感じていただきたい。
動かなくなった、腕を抱えて
又、今年も恒例の温泉、那珂川、清流まで車を走らせた
夜空を眺めながら又、今年のことをいろいろ考えた。
移動距離も半端じゃない、坐骨もよくもってくれた
施主や工事業者、スタッフと一緒に
汗をかき、感動して、喜んで、悲しんで、悩んで、怒って、怒られて・・・・・
本当に激動の一年だった。
竣工した物件も半端でなく多い
スタッフも頑張ってくれた。
昨年末、CASEでは自分の参謀的役割の田崎が辞め
一番年上の26歳の田中、奥原が事務所を引っ張っていってもらった。
自分は多忙を極めた
平均睡眠時間が3~4時間くらいとれただろうか。
昼間に事務所にいる時間が極端に少なかった。
とにかく、ぶっ倒れるまで走り続けた。
ごちゃごちゃ、外野から言われたりもしたが
ひるむことなく、信念に基づき、ガンガン攻め続けた・・・・・・
途中で息切れして、
でかい失敗もした。
夏場、自分は完全にリングのど真ん中で大の字にぶっ倒れた。
それを救ってくれたのはスタッフだった。

とにかく若いスタッフは劇的に成長した。
設計士として色んな経験を体験した年であっただろう。
彼らの成長は本当に嬉しくてたまらない。

今年、CASEに新人が二人入社した。
3ヶ月間の過酷な合宿まがいの研修も難なくこなし(?)
さいっこー!のパフォーマンスをしてくれる。
一人は大塚曜子さん、(女性)大手設計事務所からCASEに来るなんて・・・・
一級建築士である、いきなり、でかい病院を2件担当してくれてる
体は小さいが、ハートはでかい、声もでかい、気も強い、サイッコー!です

もう一人は西島聡君(男性)学生の時からCASEに手伝いに来てくれてて
多くを語らず、もくもくと仕事をこなす、熱い男、
又、彼女を一番大事にする男、一ノ瀬好みである。
CASE展では一人で頑張ってくれた。彼もまた、サイッコー!です。

とにかく、CASEとして自分も含め色んな節目の一年であったように思う。
いろんな人と出会えたし、いろんな人が声をかけてくれた。
成長している自分の会社CASEを確認できた。
秋には個展もやった。
CASEがいかにお施主様、同業者、そして仲間達に支えられているかを
実感できた。又、自分の立つ位置もわかった。本当に個展やってよかった。

来年もなお一層気を引き締め、皆様の期待におこたえ出来るよう
ガツーンと邁進して参ります。
引き続き、変わらぬご指導とご鞭撻のほどお願い申し上げます。
  
      CASE-2008・終
                    株式会社ケイス  代表取締役 一ノ瀬 勇
       
[PR]
by ichinose-blog | 2008-12-31 03:32 | 出来事
<< 実家 結婚式は楽しい >>